Google
一日一日の記録として。

2017/06123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/08

2017/06123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/08

2017/06123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/08

2017/06123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/08

2017/06123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/08

2017/06123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/08

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
仏教の教えにこういうものがあるそうです。


お釈迦様の教えとは、「もし、山の途中でリフトが何かの拍子にロープが切れて、自分が谷底に落ちるめぐり合わせにあったなら、黙って谷底に落ちなさい。無事に頂上へつけるのも、谷底へ落ちるのもお前の業(ごう)なのだから」というものだそうです。
仏・如来は何一つしてくださらぬ。無功徳(むくどく)の救済。
(仏教入門-中日新聞・9/17亀井)


この言葉が、ずっと印象に残っています。
願いをかなえてくれるという「神様、仏様」の世界とは随分違いますね。
「悟り」の境地とはこういうことでしょうか。

新聞には、仏教をこれから学ぼうとする人に対して、
①口先だけの学問知識教養仏教をするな。全身で体を張って仏道と向き合え。(信者たるな、行者たれ。)
②仏・如来は何も求めない。仏教を習うのにお供えもお金も修行も。見返りを求める行為は何もいらない。
③決して出家するな。(行者になっても業者になるな)
と説いていました。

私にとっては、①も要注意です。
勤務先の郷土の偉人・鈴木正三(江戸時代)、仏像への憧れ、祖父母の葬式など、仏教に触れる機会があります。

『般若心経(はんにゃしんぎょう)』の意味をお坊さんにお聞きしたことがあります。
書店でみつけた新井満さんの『自由訳・般若心経』を買ってしまいました。

しかし、凡人の私には、奥深く、できないことばかりのようです。

今日は、雨の中息子の新人戦2日目でした。
後半戦から出ました。
チームは快勝。来週につながりました。
新人戦180930

また、今日は地元のお祭りでした。
やはり「家内安全」などと祈ってしまいます。
仏(神)にたよるな。自分の力で家内安全を守れ、ということでしょうか。

日々の生活の中で、喜んだり、悲しんだり、願いごとを持って生きています。その中で一生懸命生きることを仏は説いてみえるはずです。その上で、業は業として認めよという意味でしょうか。

意味深い言葉です。

来週は、祖父母のお骨納めに両親、親戚とともに、永平寺に行きます。
スポンサーサイト
写真の大きさはいかがてしょう。

チャッピー176k

「はじめまして」画像は240KB、
今回のものは、174KB


次は131KBです。
チャッピー144KB


次は、サムネイルを使わず、元画像83KB - 400 x 300 (画像/jpg) によるものです。
チャッピー4


これでいくと、
通常の表示を大きくするには、

①画像のサイズを 元画像83KB - 400 x 300 (画像/jpg)程度にする。
②「サムネイル表示を使わない(通常)」を選ぶ
でできそうです。

少し、分かりました。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。