Google
一日一日の記録として。

2006/01123456789101112131415161718192021222324252627282006/03

2006/01123456789101112131415161718192021222324252627282006/03

2006/01123456789101112131415161718192021222324252627282006/03

2006/01123456789101112131415161718192021222324252627282006/03

2006/01123456789101112131415161718192021222324252627282006/03

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
『蒼龍』の中の一編(70ページ)
「蒼龍」よりも、いい。
現代社会でも可。
一流の腕を持つ指物職人弥助が、日本橋の呉服屋の大店近江屋の手代に抜擢される。近江屋の番頭たちちはおもしろくない。ことこどくいびられる…。
①これは、現代の会社、勤めの中で。多くの人が経験することだろう。突然、畑の違う場所への転勤、出向。
②会社の雰囲気、職場の雰囲気を変える難しさ。
③企業のトップは、人事をいじることで自身の経営を実現させる。
④自分がもちかけたことで、人が苦しんでいたら、その人を助けるのが人情。
奥に引っ込んでしらんぷりするのは、薄情。その人が知らないところで支えるように動く。(手代話を持ちかけた九右衛門の行動。正月の手紙。番頭の行動に対して、裏に回ってフォローする)
⑤ラスト「自分にできることで、どこまで通じるかわかりませんが、もう、あせりません。」いいセリフだ。




スポンサーサイト
蒼龍2


「蒼龍」(山本一力)読了。
長編『あかね雲』に対して、こちらは、ハードカバーで60ペーシの短編。
怖そうなタイトルだか、内容は、優しい。江戸時代の大工さんが主人公。
幸せについて教えてくる。やはり、分かり合える夫婦であることは一番のしあわせか。

「空」
奥三河の名酒の名前。

「空」
仏教における、最高の悟りの境地。

自分の存在すら
「空」

この悟りの境地には、まずたどりつけない。

ものごとにとらわれない気持ち、。

今日、ある人と話をしていて、この話題になった。

「般若心経」に空のことが出てくるそうだ。

私は、話した。

そういう気持ちになったら、生きるエネルギーがなくなってしまうのではないか。

オリンピックも勝ちたいという気持ちがあるから頑張るのではないか。

社会を生きる人間と離れてしまわないか、と

すると、その人は言われた。
「わたしは、空の考え方は、社会に貢献していると思う。」と。
「絶対に空の境地にはなれない、という前提を踏まえれば」
として。

私には、まだからないが。

鈴木正三の著作を研究してみえる川路和夫先生の著作は、そのことに触れてみえるそうだ。







そのひとは、




イスラム教風刺画掲載が大きな事件となっている。
「宗教と言論の自由との文明の衝突」「移民を受け入れてきたフランスの社会情勢の不満」と、様々な見方がある。

「私は、あなたの意見に反対である。しかし、おなたが、自分の意見を持ち続けるために、私は私の命をもかける」
という、考え方を知った。言論の自由と、相手の基本的人権の尊重の両方に配慮した考え方だ。(同社大ビジネススクール教授)

自分と違う考え方の存在を認める。
自分にとって都合の悪い意見であっても。

この考え方を私たちは、どの程度受け入れられるだろう。
時に、考え方が違うことは、悪とみなされる。
江戸時代の封建社会、戦争中の思想統制の中で日本人に形成された、基本理念ともいえる。

現在社会でいえば、会社や組織は、みんなが、同じ目標、同じ考え方を持つ方がやりやすい。
戦後の日本の経済発展は、こうした集団の一丸ぶりをのもとで生まれた。(日本型経営)

学校の中でさえ、そうであった。
全員が一つの答えにたどりつくことを目標としてきた。

また、運動会、学級の出し物も、みんなが、そのものに向って取り組むことを半ば強制してきた。
みんなが同じ考えを持つことを前提にしていたのではないか。
そこに、ムリや悲劇が生まれたのではないか。

違う考えを持つ子の存在を否定し、取り組ませることがなかったか。
「みんなやりなさい」と。
個人の自由、優しさが犠牲にされていなかったか。
差別、いじめ、偏見を生む土壌となってのではないか。

生産性は低くとも、違う考えを認めていくことが成熟社会といえる。
どこかにムリをしていたり、違う考え方を排除していたのではないか。

全員が一つの考えにまとまるということが幻想ともいえる。

また、多様性がある方が実は強い。

多数決も、本来は、違う意見の存在を前提として、決定の手段として発展したものであろう。

人と同じでなくてもいい、

このことは、生きやすくもある。

日本の社会は、横並びをよしとする。
人と違う意見を持つことに否定的である。

自分の考えを持とう、というが、
実は、みんなと同じという枠の中で、という条件がつくことが多い。

人ととの接し方、組織のあり方を見直すことが必要だ。

そして、
企業、組織が一体感、同じ目標を持つように努力することは、
違う考えを持つ個人の存在を認めることによって、一層重要度を増す。

自分は人と同じ考えでなくても罰せられない。
このことを前提にかんがえることが精神の自由を獲得することであり、
精神の自立であり、
思想の成熟に不可欠なものといえよう。

毎週楽しみにしている新聞連載があります。
中日新聞・日曜日の「ほとけたちのイメージをさぐる」(宮治昭:名古屋大学)です。

仏教の歴史を誕生から少しずつ教えてくれます。
そして、仏教の考え方、当時の社会状況、現地の今の様子など、大変興味深いです。

今日は、インドから中国への仏教伝播にまつわるお話でした。

パキスタン→インダス川→カイバル峠→ウイグルのルートが出てきました。
思わず、世界地図を開いてその地をなぞりました。

法顕、鳩摩羅汁の名前も出てきました。高校の頃、入試のために覚えたであろう名前が懐かしかったです。

そして、捨身飼虎図を描いた石が発見されたそうです。

子を連れた空腹の母虎に、釈迦が自らの体を食べさせようする図だそうです。
そして、これは、法隆寺の玉虫厨子につながるものだそうです。

私は、自分の欲など、捨てられると思うことがありますが、とんでもありませんね。やはり強欲である、と感じます。

輪廻の思想があれば、我が身を捨てることができるか?
写真の大きさはいかがてしょう。

チャッピー176k

「はじめまして」画像は240KB、
今回のものは、174KB


次は131KBです。
チャッピー144KB


次は、サムネイルを使わず、元画像83KB - 400 x 300 (画像/jpg) によるものです。
チャッピー4


これでいくと、
通常の表示を大きくするには、

①画像のサイズを 元画像83KB - 400 x 300 (画像/jpg)程度にする。
②「サムネイル表示を使わない(通常)」を選ぶ
でできそうです。

少し、分かりました。
FC2ブログをお使いのみなさん、調子はいかがですか。
今、「はてなダイアリー」からのブログの乗り換えを考えています。

FC2ブログは人気がありますね。
業界2位!
1位のライブドアの様相からして、

ただ、FC2の気になる点があります。

①画像サイズが1枚250kbまで。
②文字のサイズが小さい

この点、いかがでしょう。


画像は、リサイズしないと使えませんね。
文字の大きなテンプレートがあるのでしょうか。
それとも、全て文字サイズを指定しなおすのでしょうか。



はじめまして。
今日からスタートです。
チャッピー1

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。