FC2ブログ
Google
一日一日の記録として。

2006/04123456789101112131415161718192021222324252627282930312006/06

2006/04123456789101112131415161718192021222324252627282930312006/06

2006/04123456789101112131415161718192021222324252627282930312006/06

2006/04123456789101112131415161718192021222324252627282930312006/06

2006/04123456789101112131415161718192021222324252627282930312006/06

squall (福山雅治1999年)

さっきまでの
通り雨がうそみたいに
きれいな空

そんなふうに微笑むから
いつの間にかうれしくなる

(以下略)

この詩も「微笑」の持つ力を歌っています。
微笑みが「私」の心を嬉しくしています。

この歌は、恋に落ちた女の子の何気ない日常の小さな場面の心情を歌ったものですが。

ピアノとギター、そして福山のボーカルが絶妙です。
                     
最近、福山さん「milk tea」という新曲を出しましたね。
この新曲、恋に落ち女の子の心情を歌うという点で、squallと共通していますね。
スポンサーサイト
最近、「春風のように」人に接したいと思いが心によく浮かびます。
春風が、ふっと人の心をなごませるように。
そんな、存在になれたらいいな、と思うのです。

そんなことを思って鏡を見ます。
微笑んでみます、
”春風”のように。

全く、40過ぎの男には、似合わないことです。

でも、こうして、微笑んでいることって、実はすごいことなんだって、思います。

ジョギングをしていて、自分が苦しそうな顔をしているな、と思うと、目を見開いて、ほほに力を入れて、笑顔を作ります。

苦しいときの心のコントロールになります。
苦しいときに、微笑んでいる。それは、周りの人にパワーを与える。そして、自分にパワーを与える。

不思議です。
自分が微笑みながら話すと、
相手も微笑みながら声を返してくれる。

つまるところ、みんな、相手の微笑みを求めている。
言葉はそのための手段ですらある。
微笑みは、言葉の何十倍も、相手の心を柔らかくする。

トラブルが起きそうなとき、
微笑みながら、聞き返すだけで相手も笑って話を変えてくれる。
その場から逃げない、詰問しない。
微笑みを返すだけでいい。

ゆっくりなことって、カッコいいですね。
余裕がある。周りが見えてる。
自分のペースがある。

精一杯がんばるって、かっこいいです。
でも、苦しいとき、笑っていると、もっとカッコいいです。

佐藤一斎は言います。

人に接するときは、春風のように、自分に対しては、秋霜のように。

最大の親孝行は、自分が健康であること。元気であること。

習字を書くとき、筆に少しの緊張感を持って書くと字が引き締まります。「筆の入れをしっかり書こう」「縦線はゆっくりと、筋を通して書こう」こうして書くだけで、字が生きてきます。人生も、顔もきっと同じだと思うます。自分が、ちょっと主体性を生かして生きようとすること、笑っていることがどれけ人生を豊かにするか。

春風になって、人の心をなごませたい。