Google
一日一日の記録として。

2006/101234567891011121314151617181920212223242526272829302006/12

2006/101234567891011121314151617181920212223242526272829302006/12

2006/101234567891011121314151617181920212223242526272829302006/12

2006/101234567891011121314151617181920212223242526272829302006/12

2006/101234567891011121314151617181920212223242526272829302006/12

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
          b4oy:e


昨日、足助の町に所要で出かけました。
香嵐渓のライトアップは、11月30日で終了ですが、
紅葉は、まだまだ見ごろという感じです。

その折、「いのししコロッケ」のお店の前で、
本物のイノシシさんが横たわっているのを発見。
「足助でとれただよ」
「キバがないで、メスだわ。」
とお店のおばさんが教えてくれました。

びっくり!
 注:下の写真、心臓の弱い方は、ご覧にならないでください。
イノシシコロッケ屋さんの前で


今年は、いのししの作物への被害も多いと聞いています。
猟によって捕獲されるイノシシも多いことと思います。
それでも、イノシシを捕獲された方は、きっとイノシシの命を愛惜しんでみえただろう、と思いました。

スポンサーサイト
岡崎公園が全国の歴史公園百選に選ばれたそうです。

◆中日新聞ホームページ:歴史公園百選
http://www.chunichi.co.jp/00/ach/20061125/lcl_____ach_____012.shtml

家内の実家の近くで、子どもたちがおばあさんによく連れて行ったもらった場所です。

岡崎城の中に加茂一揆のジオラマがあります。
寺部で一揆衆と鉄砲隊が矢作川を挟んで衝突するシーンです。

また、公園内の「三河武士の館」は、かなり専門的にこの地方の中世かに近世の歴史を学ぶことができます。
公園の規模は大きくはありませんが、歴史を感じる場所です。

岡崎というと、最近は全国版のテレビニュースで
ホームレス襲撃事件が話題になっています。
事件が頻発しているのは、この岡崎公園の南側にあたる場所です。

夕飯の折、「バッテリー」映画化の話をすると、
中1の息子が、「○○君がオーデション受けた。」という。
家族みんな「えー。」

中1の息子がさらに続けて
「一次審査を通って、二次審査で落ちた。」
私「ということは、東京とかに行ったの?」
息子「よくわからんけど…。」

どうやら「バッテリー」というのは、息子たちにとって、とても身近な小説であり、話題であるらしい。今、息子は、文庫本で第3巻を読んでいます。
夕食の後、息子にWEBのTV用CMを見せました。
「ちょっと感じが違うな。」と息子。
やはり、イメージがあるようでした。
また、この「バッテリー」は野間文学賞など数々の賞を受賞してみえるそうです。
800万部の売り上げという数字ももうなずけるものかもしれませんね。

Webを検索してびっくり。
「バッテリー」が映画化されるとのこと。
しかもこの本は、文庫本化され380万部突破のベストセラーでし
た。
知らないのは私だけかも。

◆WEB KADOKAWA 「バッテリー」
http://www.kadokawa.co.jp/battery/index.php

◆「バッテリー」映画公式サイト
http://www.bt-movie.jp/

子どもたちは、新人らしいが、
巧の母、真紀子は天海祐希さん、
父・広は岸谷五朗さん、
そして、祖父・洋三は、菅原文太さん。

テレビCMの視聴ありました。
http://www.bt-movie.jp/movie.html

おもしろい顔ぶれですね。
「バッテリー」 第1巻読了。昨日一日寝ていました。今日は家でごそごそしていました。 そのおかげで、「バッテリー」を読み終えた。 あまり本を読まない中1の息子が3巻まで読んだ本。どんな本だろうと、読み始めました。 うーん、スポーツマンとは、こういう考え方をするものか。主人公の原田巧は、ピッチャーで野球以外のことは割り切った少年。確かにこういう少年がいたな。 タイトルは「バッテリー」キャッチャー、豪とのかかわりを軸に展開していくのだろうか。1巻は、小学6年の春休み。巧と豪はまだ知り合ったばかりだった。 キャプテン翼1巻とよくにている。息子の話だと、7巻くらいまであるとのこと。長編は始まったばかりだ。
今日の中日新聞、一面にカラー写真。
香嵐渓は、今、真っ盛りですね。

中日新聞のネットのトップページにも写真が掲載されています。
◆中日新聞・トップhttp://www.chunichi.co.jp/
 さすが、プロいいアングルですね。待月橋のにぎわいが伝わってきます。

昨日、所要で勤務先から足助支所へ行きました。
香嵐渓181124


渋滞にはまりました。
香嵐渓から来る対向車線の観光バスのナンバーを見てびっくりです。

大宮、相模、八王子、練馬、千葉、川崎、熊谷…。

すごーい!
ほとんどが関東方面でした。

バスの中から「日帰り紅葉バスツアー」という看板が文字が見えました。
遠くから、ありがとうございます。

風邪をひきました。
PTAの資源物回収を休ませていただき、病院に行ってきました。
受験生を抱える我が家では、風邪ひきさんは隔離状態です。
家内が気遣い、食事も部屋に運んでくれました。
静かにしています。
今日は勤労感謝の日です。

中学の恩師で、教師となってから共に中学で勤めたU先生のご尊父が亡くなり、12時から葬儀がありました。
「97才の大往生」とU先生の喪主あいさつにありました。
38才から校長先生をされたそうです。
(昔とはいえ、すごいな。)
葬儀の中で、モニターに生前の写真がいくつも写し出されました。
私が参列した葬儀の中では初めての体験でした。

式には私の中学時代の恩師が何人も参列してみえました。
その中にお会いするのは中学以来というS先生がみえました。
新卒でこちらに赴任され、しばらくして地元・豊川に帰られたと聞いていました。

中学2年の社会を教えていただきました。
「大陸が動く」という授業、覚えています。

「私のこと、覚えてみえますか。」
とお話すると、
「うーん、ちょっとまって。そうだ、骨を折った子だよね。」
と、覚えていてくださいました。
そう、学校で骨折して2週間入院しました。
ちょっと嬉かったな。

お葬式で懐かしい方に再会できました。
ご縁をいただきました。

それから家に戻り、急いで家内と市民会館へ向かいました。
午後2時から「岡崎のハーモニー」で合唱する娘の応援です。
「間に合わないかも。」
車を置いて会場まで家内と走りました。

間に合いました。
娘はたくさんの仲間と歌っていました。
力強い歌声でした。

最近、受験からちよっと逃げてる娘。
家内と衝突することもある娘。
でも確かに娘は14才の時を過ごしいました。

今日は勤労感謝の日。
あわただしい日でしたが、
明日から働くパワーがちょっとだけ沸いてきました。(沸いてきたかな。)
晩秋と呼ぶにはまだ早い。
冬に向けて庭掃除をしました。

この家に住み始めて早10年。
家内と植えた芝生、モクレン、キンモクセイもすっかり大きくなりました。

今週は、出張の先生の補欠で3日間ほど1年生と過ごしました。
一緒に落ち葉を拾いをしたことを思い出しました。
すると、モクレンの葉の裏にミノムシ発見。
1ミノムシ


ハムスターのシマとコロのお墓のまわりの落ち葉も拾いました。
2シマとコロのお墓


家庭菜園には、今月初旬に家内がまいた赤カブ、ほうれん草、小松菜が芽を出していました。
3 家内の家庭菜園


芝生も刈り込みました。
4 掃除を終えた庭


無事終了。
5 そうじを終えた庭 2

あとは、パンジーを植えるだけ。
冬、寒い季節に花をつけるパンジーはえらいな、って思います。がんばってるね。
8 パンジー準備


いつも、時間ばかり気にして行動しています。
そんな私が、無心で、落ち葉を拾い、芝をかりました。
ちょっと腰が痛いな。

途中、最近知った絵本「木を植える男」が頭に浮かんできました。
木を植え続けたあの男は、やぶれた服でもきれいに縫いつくろい、部屋の中は綺麗に整頓していましたね。

◆「木を植えた男」:JOMO 童話の花束 話題になった童話
http://www.j-energy.co.jp/hanataba/square/wadai/0010.html
◆あすなろ書房【木を植えた男】
http://asunaro.bookmall.co.jp/search/info.php?Isbn=4-7515-1431-8

できること、あたりまえのことをこつこつやる。
そこに、発見があり、喜びがあるんですね。


寒くなりました。
我が家では、2,3日前からリビングに電気こたつが登場しました。

バリウム、割とすんなり飲めました。
後は、お通じをまつだけです。
明日、胃の検診でバリウムを飲みます。

今日の夜9時以降は、食べたり、飲んだりしてはいけない、ということです。

今、お風呂から出てきました。
ちょっと、喉がかわいたな。
でもがまん。

広島で原爆にあった人は、
「水が飲みたい」
と言って川に行き、亡くなった。
それに比べれば、これくらい大丈夫。

しかし、今の自分と原爆で亡くなった方と比べて、自分を励ましているなんて、かなり弱気になっている証拠ですね。

がまん、がまん。
平常心。

喉が渇いたことは、考えないようにしましょう。
別のことに集中して。
20061112145436

叔母の嫁ぎ先で葬式がありました。私も子どもの頃、このおばあちゃんに優しく声をかけていただいた覚えがあります。85歳でした。
《ここまで携帯。以下パソコンにて追記。》

感心したのは、喪主の義叔父の姿です。
取り乱すことなく通夜、葬儀と過ごされました。

実の母親です。
年齢がいくと、あのように過ごせるものたろうか、
今の自分ではそうはいかないだろう、と思いました。

昨年の祖父、祖母の葬儀の時の父もそうでした。
きっと、胸に秘めていることでしょう。

親を送る日、自分はとう立ち振る舞えるか、
ちょと考えてしまいました。
(縁起でもないですね。)
今日はタイヤの交換をしました。まだ、スタッドレスではありませんよ。
タイヤ交換1

減ってきた前輪と溝が残っている後輪を付け替えました。
一日44キロくらい走ります。
タイヤはまさに消耗品ですね。
そ~っと乗っているんですが。

いつも行くセルフのガソリンスタンドで、
「自分でやりますから、ジャッキを貸してくれますか?」
と聞いてみましたが、予想通りお断り。
家でジッャキ・アップしてやりました。

1時間。まあ、こんなところかな。
下記ブログをご覧下さい。同一管理人による職場の出来事を綴ったブログです。
◆教務日記:18年11月05日(日) 昨日、新豊田の文化財展に
http://blog.goo.ne.jp/goonorisada/e/38cd12364dd709945a9a934cfe9d5931
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。