FC2ブログ
Google
一日一日の記録として。

2006/101234567891011121314151617181920212223242526272829302006/12

2006/101234567891011121314151617181920212223242526272829302006/12

2006/101234567891011121314151617181920212223242526272829302006/12

2006/101234567891011121314151617181920212223242526272829302006/12

2006/101234567891011121314151617181920212223242526272829302006/12

夕飯の折、「バッテリー」映画化の話をすると、
中1の息子が、「○○君がオーデション受けた。」という。
家族みんな「えー。」

中1の息子がさらに続けて
「一次審査を通って、二次審査で落ちた。」
私「ということは、東京とかに行ったの?」
息子「よくわからんけど…。」

どうやら「バッテリー」というのは、息子たちにとって、とても身近な小説であり、話題であるらしい。今、息子は、文庫本で第3巻を読んでいます。
夕食の後、息子にWEBのTV用CMを見せました。
「ちょっと感じが違うな。」と息子。
やはり、イメージがあるようでした。
また、この「バッテリー」は野間文学賞など数々の賞を受賞してみえるそうです。
800万部の売り上げという数字ももうなずけるものかもしれませんね。

スポンサーサイト



Webを検索してびっくり。
「バッテリー」が映画化されるとのこと。
しかもこの本は、文庫本化され380万部突破のベストセラーでし
た。
知らないのは私だけかも。

◆WEB KADOKAWA 「バッテリー」
http://www.kadokawa.co.jp/battery/index.php

◆「バッテリー」映画公式サイト
http://www.bt-movie.jp/

子どもたちは、新人らしいが、
巧の母、真紀子は天海祐希さん、
父・広は岸谷五朗さん、
そして、祖父・洋三は、菅原文太さん。

テレビCMの視聴ありました。
http://www.bt-movie.jp/movie.html

おもしろい顔ぶれですね。
「バッテリー」 第1巻読了。昨日一日寝ていました。今日は家でごそごそしていました。 そのおかげで、「バッテリー」を読み終えた。 あまり本を読まない中1の息子が3巻まで読んだ本。どんな本だろうと、読み始めました。 うーん、スポーツマンとは、こういう考え方をするものか。主人公の原田巧は、ピッチャーで野球以外のことは割り切った少年。確かにこういう少年がいたな。 タイトルは「バッテリー」キャッチャー、豪とのかかわりを軸に展開していくのだろうか。1巻は、小学6年の春休み。巧と豪はまだ知り合ったばかりだった。 キャプテン翼1巻とよくにている。息子の話だと、7巻くらいまであるとのこと。長編は始まったばかりだ。