Google
一日一日の記録として。

2017/031234567891011121314151617181920212223242526272829302017/05

2017/031234567891011121314151617181920212223242526272829302017/05

2017/031234567891011121314151617181920212223242526272829302017/05

2017/031234567891011121314151617181920212223242526272829302017/05

2017/031234567891011121314151617181920212223242526272829302017/05

2017/031234567891011121314151617181920212223242526272829302017/05

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
takakiさんのブログ「思いつくまま足助から」で、たんころりんの様子が紹介されています。

◆たんころりん2006(8/6の様子)(思いつくまま足助から)
http://asuke.air-nifty.com/blog/2006/08/200686_9e49.html#comment-9092233#comment-9092233

その中に、たんころりんのお菓子がのことがありました。
竹で編んだ入れ物だけでも、価値がありそうです。
食べたら後で何かに使えそう。
楽しいアイデアだと感心しました。。
期間限定というのは、入れ物を作るのに時間がかかるから?
ぜひ食べてみたいですね。

この風外さん、豊田の市街地にもお店を出してみえて「自動車もなか」を作ってみえます。車の形をしたもなかですよ。

◆とよた・かも2001年度銘菓推奨品
http://www.toyota.or.jp/news/h13meika.htm
「自動車もなか」が選ばれていますね。
それから足助名物・川村屋さんの「日月最中(にちげつもなか)」や、同じ風外さんの「栗どら」や旧旭町のひだやさんの「山栗」「長寿柿」も。
「長寿柿」は、干し柿の中に栗キントンが入ってるんですよ。お茶にぴったりです。

なんか、お菓子のオンパレードになってきました。

それから、楽しいサイトを見つけました。
◆豊田のグルメ(ケーキ・菓子) 【クチコミランキング】
http://www.koromo.co.jp/ranking/cat/cake.html
これによると、風外さんは、2票で10位ですね。と言っても1位は7票で5票差ですね。(18.8.8現在)

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
>大きな森の小さなギャラリー さん
そうですか、10年に住まわれて10年になるんですね。

足助の街中には、5つも和菓子やさんがあるんですよ。

以前の勤務校で、小3の子がこの和菓子屋さんを授業で調べ、最後にお店の宣伝ポスターを作って持っていったら、お店の方がとても喜んで店頭に貼ってくださいました。

”足助の和菓子めぐり”のブログも面白そうですね。和菓子を一つずつ、食べて紹介していく、写真付で。ご当地グルメ情報ブログ!

2006/08/10(木) 09:24 | URL | カワセン #-[ 編集]
>takakiさん
期間限定というのが、興味深いでずね。

年間通して売ればもっと儲かるだろうな~、と思ってしまいます。
足助人は、みんな奥ゆかしいですね!
2006/08/10(木) 09:17 | URL | カワセン #-[ 編集]
たんころりんの季節がやってきましたね。帰省の折には、足助のお菓子にしています。喜ばれますし、自慢できますから。足助に来て、10年のの味覚です。
2006/08/09(水) 21:17 | URL | 大きな森の小さなギャラリー #-[ 編集]
ありがとうございます!
記事紹介&TBありがとうございます!

足助の町並みの「たんころりん」とともに、是非、風外さんの「たんころりん」もご賞味くださいね。

「たんころりん」のイメージにぴったりのお菓子です!!
2006/08/09(水) 20:28 | URL | takaki #7VWV.21w[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hnk333.blog53.fc2.com/tb.php/102-d3251670
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。