Google
一日一日の記録として。

2017/04123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/06

2017/04123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/06

2017/04123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/06

2017/04123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/06

2017/04123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/06

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日、岡崎・松坂屋で開催中の「純情キラリ展」に家内と家内のお義母さんと3人で行ってきました。
     gol

エスカレーターで上っていくと、「等身大の桜子」が迎えてくれました。写真をパチリ。
     きらり2

記念に横に並んでツーショット。家内は「なにやっとるの」とやや呆れ顔でシャッターを。(この写真はアップしません。あしからず。)

この企画展には、「純情キラリ」の時代である昭和初期から戦中、戦後の写真や当時の道具も展示してありました。お義母さんは、岡崎生まれの岡崎育ち。岡崎空襲で焼け出された経験をされた方です。
gol


展示してある写真や展示品はお義母さんの思い出そのものでした。
戦前の建物の写真をじっと見入ってみえました。
折りしも今日は終戦記念日。お義母さんの思いもひとしおだったことでしょう。
今気づきました。お義母さんは、桜子よりも若いことになります。

それから、『純情きらり」コーナーでは、出演者の手形がありました。
宮崎あおいさんを始め、達彦さん役など、たくさんの方の手形がありました。
     きらり展3


家内が宮崎あおいさんの手形に手に重ねて「おおい、小さい手」と一言。
     キラリ展4


純情キラリのB紙大のポスターを掲載用にいただいてきました。職場に掲載したいと思います。

また、岡崎・絵葉書大作戦の絵葉書をいただいてきました。
     きらり展6

この葉書を全国の知人に出してPRしようというものです。市民参加型のPR作戦がいいですね。私も県外の友達に出そうと思います。

会場では、達彦の好物「かのこよせ」のレビシが配られていました。いただいてきました。また家内に作ってもらおっと!

会場にみえた担当の方が気軽にお話をしてくださいました。
私は、ずっと気になっていたことを思い切って聞いてみました。
それは、本屋さんで原案の「火の山-山猿記」を手にしたとき、、岡崎でなく山梨県が舞台になっていたことです。
担当の方は、「原案では、桜子はピアノを志してもいなかった」と言ってみえました。
まだ愛知を舞台にした朝の連続小説がなかったことから、このお話ができたそうです。ちなみに、「原作」でなく「原案」という扱いとのことでした。
この脚本家は民放の「大奥」の脚本も手がけた方だそうです。

このブログのことをお話すると、「どんどんPRしてください。」と言われました。

まだ、ご覧になっていない方、ぜひどうぞ。

ドラマは9月いっばいで放送も終了とのこと。ちょっと淋しいですね。



<参考>
◆きらり岡崎(岡崎市・岡崎市商工会議所)
http://www.kirariokazaki.jp/index.html
◆「純情きらり」応援サイト(個人)
http://coolkitchen.net/kirari/
このHPの掲示板、みなさんが日々書き込みしてみえて、盛り上がっていますよ。

◆純情きりきらり旅(個人ブログ)
http://kiraritabi.blog44.fc2.com/原案「火の山-山猿記」の読破をめざしてみえるブログです。
◆純情きらり公式HP(NHK)
http://www3.nhk.or.jp/asadora/
◆ヤフーテレビ・純情きらり
http://tv.yahoo.co.jp/tv_show/nhk/kirari/


<訂正>
原案の『火の山-山猿記』の中でも桜子が音楽を志すそうです。ジャズを志すことはないということだそうです。「よちよちぺんぎんさん」よりコメントでご指摘いただきました。ありがとうございます。(8月121日)





スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
いつもありがとうね。
いつもよろしくね。
まつててね。
これからもよろしくね。
がんばつていきましようね。
のぞみもよろしくね。
うれしくなります。
赤嶺希実より
2006/09/30(土) 13:02 | URL | きらりさんへ #TVVvqzvg[ 編集]
>よちよちペンギンさん
チーフプロデューサーの講演も聞かれたのですね。
今週、いよいよそれぞれの姉妹が自立の道を歩み始めますね。家族の絆を大切にしながらも、自分の道を少しずつ歩みだす場面、見ながらいろいろ考えました。
2006/08/25(金) 21:01 | URL | カワセン #-[ 編集]
言い訳といい理由(わけ)
おはようございます。
■まだ“読破中”の私が「原作はこうだ」というのもおかしな話なので、「原作上巻の内容とチーフプロデューサー講演内容から推測するに」と追記しておきます。
■私の桜子に一番惹かれるところは、思ったことをすぐに実行する積極性や行動力ってとこ。本当に正直に、がむしゃらに生きているなって感じています。
2006/08/25(金) 04:26 | URL | よちよちペンギン #-[ 編集]
>よちよちペンギンさん
よちよちペンギンさん、あの原作の読破に挑戦してみえるとはすぱらしいですね。

ご指摘ありがとうございます。さっそく本文の訂正をします。

それにしても、桜子いう女性、希望をなくさない、家族を大切にする、その生き方に学ぶことがたくさんあります。
2006/08/21(月) 08:51 | URL | カワセン #-[ 編集]
桜子とピアノ
おはようございます。夏休みだったのでお礼遅くなりましたが、ご紹介ありがとうございました。

~ここは“原作派”として一言補足を~

原作でも桜子は音楽学校に行こうとするぐらいなので「ピアノを志していない」ことはないでしょう。たぶん、担当の方は“ピアノ”ではなくて“ジャズ”のことを言いたかったんじゃないかなあ。
2006/08/21(月) 05:08 | URL | よちよちペンギン #-[ 編集]
>つぼみさん
展開が結構早いですね。
楽しませてもらいましたが、8月が終わったら、見えませんね。
関東で「純情きらり」の視聴率が18%、過去5年間の朝ドラで最高というデータもあるそうですが。
細腕繁盛記、懐かしいですね。
2006/08/19(土) 08:44 | URL | カワセン #-[ 編集]
昨日やっと見ました
いつも 純情きらりの話題についていけないので、昨日の朝ようやく見たんだけど・・・なんだか、いきなりお葬式で桜子さん、かわいそうな展開で・・・。いったいどうなるの~?
ちょっと伊豆の細腕繁盛記にかぶったけど、ゼンゼンそういうんじゃないんですよね?ごめんなさい、今後最低あらすじはしっかりチェックしまーす。
2006/08/18(金) 21:59 | URL | つぼみ #-[ 編集]
>くるみさん
>純情きらり、涙なしでは観られない日が続いています。
くるみさんもそうですか。
私も見ながら”不覚にも”涙を流してしままうことがあります。(ちょっ恥ずかしいですが。)

桜子が、姉妹のために尽くす姿、お義母さんに尽くす姿、お店に尽くす姿、そして、「達彦は帰ってくる」という強い信念。ドラマとはいえ、心洗われます。
2006/08/17(木) 01:27 | URL | カワセン #-[ 編集]
桜子さん、ほんと、かわいいですよね。
純情きらり、涙なしでは観られない日が続いています。
戦地に行くもの、見送るもの、切なさと理不尽さが入り混じります。

2006/08/16(水) 23:48 | URL | くるみ #-[ 編集]
>saliさん
saliさん、
コメントありがとうございます。
楽しそうなプログだったので、TBしてしまいました。(実際にはうまくいかなかったのですが。)
全国の方に岡崎を知っていただけるといいな、と思っています。
達彦、戻ってくるといいですね。
2006/08/16(水) 19:31 | URL | カワセン #-[ 編集]
はじめまして
コメントありがとうございました。
さっそくおじゃましました。
企画展、近くだったら行ってみたいところですが…。
原案の本では、舞台も違ったんですね。桜子もピアノを志していなかったとは。
ドラマがこれからどうなるのかは楽しみです。
2006/08/16(水) 18:56 | URL | sali #-[ 編集]
>sinyuumamaさん
岡崎や足助のことを、気に入っていただき、ありがとうございます。
子どもさんが小さいときは、子どもさん中心の時間の流れですよね。それにsinyuumamaさんは大学でも教えてみえるし。
ぜひ、またいつか来てくださいね。
お待ちしています。

ご実家は近くなんですか?


2006/08/16(水) 18:52 | URL | カワセン #-[ 編集]
私に行動力があれば、この夏休みに一度は岡崎に伺っているところです。こうしてブログで拝見して、岡崎や足助が、身近になります。
何かにつけて要領悪く思うようにならない毎日なのです。今日も実家へ行くつもりが結局家にこもっています。子ども達は暑すぎるのかゲームのやりすぎか鼻血がでるほどです^^;
カワセン先生のブログでは、先生の日常が見えて楽しいですし、岡崎の情報は、近くて遠い地元の話題ですので、参考になります。
足助のたんころりんや、先日の新聞に載っていた盆踊り、下駄だけの音が響く?そういう記事にも興味がわきます。地元を大事にされることは、とても大事なことですよね。特に社会の先生ですものね。
2006/08/16(水) 17:23 | URL | sinyuumama #-[ 編集]
>sinyuumamaさん
そうですよね、話の筋、わかりにくい部分もありますよね。
記事が、ちょっと地元のPR路線に走りすぎたかな。

名古屋はすごい暑さでしょうね。いかがですか?

2006/08/16(水) 11:53 | URL | カワセン #-[ 編集]
戦争時代
実は我が家はキラリを観ていないんです。カワセン先生のブログを拝見するたびに時々観てみるのですが、話が見えなくて・・・
原案は、岡崎ではなかったのですね。岡崎市民としては、ぜひPRしなければ、ですね。
2006/08/16(水) 08:38 | URL | sinyuumama #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hnk333.blog53.fc2.com/tb.php/107-ce245e61
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。