Google
一日一日の記録として。

2017/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/09

2017/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/09

2017/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/09

2017/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/09

2017/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/09

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
夏休みも終盤、みなさんの家庭の子どもさんの宿題の調子はいかがですか?

我が家の中3の娘も、ラストスパートをかけています。
前半の遊び過ぎがたたって、かなりのハイペースでこなさないと終わりそうもないようです。(ハイペースでこなして、果たして力がつくのやら。)

そんな彼女の読書感想文は、『壬生義士伝(みぶぎしでん)』(浅田次郎)です。
そう、あの新撰組のお話です。
ちょっと、中学生っぽくないですよね。

妻子のために、東北の貧しい下級武士の身分を捨てて独り京都に上り、殺人集団・新撰組で人を斬っては、お金を家族に送る武士・吉村貫一の物語です。
新撰組の仲間から「守銭奴」と蔑まれながらも、家族のために吉村は生きました。
人のために生きるのが「義」なら、吉村こそ真の「義士」と浅田次郎は読者に伝えています。
中井貴一の主演で映画にもなりました。

もともと、私の本箱から持っていった文庫本の上と下。
新撰組の内紛、人を斬るおどろおどろしい場面もたくさんあります。
まさか『壬生義士伝』で書くとは…。
浅田次郎なら今話題の『地下鉄に乗って』でもいいし、『鉄道員(ぽっぽや)』なら中学生らしいと思うのですが。

時間のなかった彼女は、今まで自分が読んだことのある本の中から選びました。
また、新撰組が好きだったようです。近藤勇や沖田総士のピンバッチも集めていました。

娘に主題を尋ねてみましたが、そんなに外れていないようです。
彼女の心の中に吉村貫一の姿が強く残ったようでした。

私は娘の感想文を読んでいません。

「お母さんがね、『この感想文お父さんに読ませりん。』だって。」
と娘が言いました。

どうやら家内は、家庭を顧みない父親(私)に対して、この『壬生義士伝』の主人公の生き方に学びなさい、と言いたいようです。

将来、娘が彼氏を選ぶとき、外見でなく吉村貫一のような「義」のある人物を選んでくれたら、この読書感想文を書いた意義は大きいけれど。さてさて。
(もともと早く片付けようと書いた感想文だからな。)

「うちのお父さんも、この吉村貫一のように私たちを大切にしてくれます」と書いてあったら嬉しいけれど、それは多分…。


ちなみに、我が家の娘はこんな子です。
◆カワセン日記 18年6月18日(日) テストと読書好き
http://hnk333.blog53.fc2.com/blog-entry-75.html
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
>くるみさん
我が家は、「親子の絆」などとほめていただける状況ではないのですが。

くるみさんのご家庭のつりを通しての「親子の絆」すばらしいですね。

娘は今、宮部みゆき原作の映画「ブレイブストーリー」を観にいきたい、と言いつつ宿題をやっています。果たして観に行けるかな?
2006/08/24(木) 09:18 | URL | カワセン #-[ 編集]
6月の記事も読ませていただきました。

今、パソコンに向かいながらなんだか笑顔です^^

カワセン先生のおおらかなお父様ぶり、心豊かなお嬢さんのご様子に接し、それまでの絆を感じました。

親子で読む本を共有するって素敵ですね。

私もそうなるといなあ、って感じました。
2006/08/24(木) 01:59 | URL | くるみ #-[ 編集]
>なるほど♪ママさん
こちらこそ、はじめまして。

中一、小三の娘さん二人ですか。
かわいいでしょうね。

我が家は、3人の子どもがいて、上と下が息子、真ん中が娘なので、息子のような…。

「少年ジャンプ」で書いた読書感想文もおもしろいかもしれませんね!

「純情きらり」、いいですよね!
桜子の強さに脱帽です。
岡崎に起こしの際は、ぜひお知らせください。「ここが、山長のモデルになったカクキュウです。」とご案内しますよ。


2006/08/23(水) 17:55 | URL | カワセン #-[ 編集]
>hirarinさん
三つ子さん、大きくなって、きっと読む本の好みもそれぞれ違うんでしょうね。
一度に3倍の楽しみがやってきますね。
3人の「学び合い」がそこで成立、ですね。
2006/08/23(水) 17:46 | URL | カワセン #-[ 編集]
追伸。
純情きらりも、我が家も大好きで、みんなで、ハマッテ見ています。

桜子の、どんな時にも、明るさと強さと、前向きな気持ちに、いつも、いつも、涙なしでは、見られません…。

岡崎にいつか、家族で、行ってみたくなります…。
2006/08/22(火) 16:30 | URL | なるほど♪ママ #-[ 編集]
はじめまして。
こんにちは。なるほど♪ママともうします。
つぼみさんのブログから、こちらにお伺いしました。

あわてん坊の私はカワセン日記さんの方へ、コメントしようとして、早とちりしてしまい、若手研のブログのほうに、最初コメントしてしまいました。すみません。

でも、お陰で、読書活動の事を詳しく知る事ができました。感謝です。

それから、こちらのブログも、とっても、温かさの感じる、素敵なブログですね…。

私にも、小3と、中1の娘がいますので、とても、参考になる記事満載です。(ちなみに、上の子は、読書感想文は、これからで、本は好きですが、少年ジャンプも大好きです。)

どうぞ、宜しく、お願い致します。
2006/08/22(火) 16:12 | URL | なるほど♪ママ #-[ 編集]
さすがカワセンさんの娘さんです。
目の付け所が違います。

我が家の3人はどんな本を選ぶかなぁ。妻とそんな話をしていたら、
「今は下ネタばかりだけどね」
と大笑いしてしまいました。
2006/08/22(火) 05:16 | URL | hirarin #/x0jLE/2[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hnk333.blog53.fc2.com/tb.php/111-cae25f68
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。