Google
一日一日の記録として。

2017/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/09

2017/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/09

2017/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/09

2017/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/09

2017/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/09

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日、お義父さんの23回忌がありました。
家内が大学を出て就職した年の8月、交通事故で亡くなりました。
私は、まだ家内と知り合っていませんでした。
その3年後、私と結婚しました。

今日は、家内の実家に家内の兄弟が集まりました。
お母さんは、今独り暮らしをしてみえます。

家内の結婚相手が私でなかったら、お義母さんは独り暮らしではなかったかもしれません。
私と家内の結婚を許してくれたお義母さん。
感謝しています。

お坊さんは、優しそうな笑顔の方でした。
お経の後、お坊さんが法話をしてくださいました。
① 今日の法事があったから、お経に出会うことができた。また、人に会うことができた。これを仏縁という。
② 死は、第二の人生の誕生日。めでたい日でもある。死んだ人は今生きている人を見ていてくれる。
② お釈迦様が生まれた時におっしゃった「天上天下唯我独尊」とは、
この世にたった一つの自分の命は尊いものだ、という意味だそうです。

確かに、自分自身の「生」を充実させることが大事であり、生を充実させるには、感謝しつつ大切な人のために自分にできることをすることだ、と思いました。

お仏壇の横に飾られた、お義父さんの写真が、じっと私たちを見てみえるようでした。

23回忌


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
>つぼみさん
「いつも明るく」がこのブログのモットーですが、つい本音がポロリです。こんなキャラのカワセンもあり、です。

2006/08/29(火) 00:30 | URL | カワセン #-[ 編集]
>sinnyumamaさん
今の私たちの年代、結婚して子どもを持ち、自分が親になると同時に、自分の親のことを考える時期かもれません。
自分の人生のあり方は、多くの人の人生にかかわっていますね。感謝です。
2006/08/29(火) 00:26 | URL | カワセン #-[ 編集]
>くるみさん
>私も、カワセン先生のお母様に対する気持ちと共通するものを抱いて10年過ごしました。
そうだったのですね。

>空間のつながりは離れていても、心のつながりは太く強いものでありたいと思っています。

現実は走りだしています。
今の「状況」の中で、大切にする「絆」は大切にしていきたいです。

 絆-よい言葉をありがとうございます。

2006/08/29(火) 00:18 | URL | カワセン #-[ 編集]
>hirarinさん
hirarinさんのところ、一周忌は終わりましたか?
人生の中間地点に差し掛かり、生かかされているということ、かかわりのある人の死の意味について、考えるようになりましたね。
2006/08/29(火) 00:10 | URL | カワセン #-[ 編集]
お父さまに守られて
 交通事故で亡くなられたというのは、奥様の悲しみもどれほどだったかと思います・・。23回忌、時は流れ、悲しみも癒されたのでしょうか。
 奥様とカワセンさんとの出会いも、きっと亡きお父さんが望まれたものだったのでしょうね。幸せな奥様の様子を、命はつながったお孫さんたちを、いつも微笑んで見守ってらっしゃることでしょうね。
2006/08/28(月) 21:31 | URL | つぼみ #-[ 編集]
いつもだれかが
いつも誰かが見守ってくれている。
そう思って日々感謝を忘れずにしたいものです。
今は一人暮らしや、うちの両家の両親もそうですが、同居していない人はとても多いです。心配しながらも、自分の生活で精一杯。それどころか、私は世話になりっぱなしです。(~_~;)
 自分自身の「生」充実させ、感謝して、自分の大切な人のために自分にできることをする。。。よう努力します。
2006/08/28(月) 15:39 | URL | sinyuumama #-[ 編集]
空間と心のつながり
お義父さまがなくなられたあとのご結婚、仏縁とも言えるのでしょうか?

仏縁、第二の誕生日、天上天下唯我独尊・・・初めて伺う話でした。お坊様のお話もいろいろなのだと思います。

改めて私たちは「生かされる」存在であると感じました。

私も、カワセン先生のお母様に対する気持ちと共通するものを抱いて10年過ごしましたが、最近、個人、夫婦、兄弟、家族、家系が抱える見えない絆や縁によって、生活の拠点を共にすることだけが「幸せ」という価値観ではないようにも思えてきました。都合のよい解釈なのかもしれませんが・・・。

空間のつながりは離れていても、心のつながりは太く強いものでありたいと思っています。


2006/08/28(月) 07:00 | URL | くるみ #-[ 編集]
法話
お坊さんの法話はいつも心を打たれます。
あのシチュエーションで語られるからなんでしょうかね。
「第二の誕生日」カワセンさん家族の活躍を見て、お義父さんも天から喜んで見ていることでしょう。
2006/08/28(月) 05:19 | URL | hirarin #/x0jLE/2[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hnk333.blog53.fc2.com/tb.php/114-067b74c4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。