Google
一日一日の記録として。

2017/031234567891011121314151617181920212223242526272829302017/05

2017/031234567891011121314151617181920212223242526272829302017/05

2017/031234567891011121314151617181920212223242526272829302017/05

2017/031234567891011121314151617181920212223242526272829302017/05

2017/031234567891011121314151617181920212223242526272829302017/05

2017/031234567891011121314151617181920212223242526272829302017/05

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
映画の「たそがり清兵衛」のwebページを見てびっくり。

映画は、私の記憶以上に小説とは違っていたのですね。

◆たそがれ清兵衛 映画公式サイト
http://www.shochiku.co.jp/seibei/

◆たそがれ清兵衛
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%9F%E3%81%9D%E3%81%8C%E3%82%8C%E6%B8%85%E5%85%B5%E8%A1%9B

映画では、労咳で妻は亡くなっていました。宮澤りえさんは、幼友だちだったわけですね。

ますます山田洋次先生の「たそがれ清兵衛」ですね。


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
★ダーバンさん、こんちは
コメントありがとうございます。

重松清さん、少年や、40代の男性の心情をずはり描いてみえますね。

こちらこそ、よろしくお願いします。
2006/12/09(土) 01:46 | URL | カワセン #-[ 編集]
はじめまして!
はじめまして。
くるみさんのところから来ました。
記事を読んでいると共感するところが多かったのでコメントさせて頂きました。
たそがれ清兵衛はDVDは見ましたが、原作は読んでいません。
映画と原作、どちらもよかったり、どちらかはイマイチだったりいろいろありますよね。
重松清さんも最近はまってます。
子育ての壁にぶち当たったとき、初めて読んで、すくわれるような気持ちになりました。
「卒業」もぜひ読んでみたと思っています。
これからもよろしくお願いします。
2006/12/08(金) 07:19 | URL | ダーバン #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hnk333.blog53.fc2.com/tb.php/173-6e212c16
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。