Google
一日一日の記録として。

2017/051234567891011121314151617181920212223242526272829302017/07

2017/051234567891011121314151617181920212223242526272829302017/07

2017/051234567891011121314151617181920212223242526272829302017/07

2017/051234567891011121314151617181920212223242526272829302017/07

2017/051234567891011121314151617181920212223242526272829302017/07

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

学校訪問で、ある小学校におじゃました。


その学校は担任、養護教諭の先生7人のうち、新卒3年目以内の方が4人という、フレッシュな学校でした。
ベテランの先生とフレッシュな先生とが力を合わせて、教育に情熱を燃やしてみえる様子が伝わってきました。

フレッシュな先生方は、ベテランの先生から学ぼうとしてみえました。子どもの指導のことで職員室でいろいろなことを話すそうです。この姿勢が学校全体に活気を与えてみえるそうです。
校長先生、教頭先生、教務の先生が、ベテランの先生とフレッシュな先生方のこうした明るく前向きな雰囲気を作ってみえるようでした。

活気のある職員集団、元気な子どもの姿を拝見することができました。
ありがとうございました。


 

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
★sinyuumamaさん、こにんちは
「子どものために」先生同士が仲間として協力し合っていく学校、いいですよね。
学校に限らず、一人一人が孤立していては、力を発揮できない。職場環境をみんなで作り上げていきたいと思っています。


2007/06/17(日) 11:27 | URL | カワセン #-[ 編集]
★つぼみさん、こんにちは
力のあるつぼみさんが、ベテランの先生から学ぼうとする姿勢、すばらしいですね。
仕事を通して互いに尊重(尊敬)し合える関係ですね。

2007/06/17(日) 11:20 | URL | カワセン #-[ 編集]
★hirarinさん、こんにちは
「職場の同僚性」、なるほどぴったりの言葉ですね。
現場で一緒に仕事ながら学ぶことが最大の研修だと思います。仕事を通して人を育てる気持ちを持ち続けたいですね。
2007/06/17(日) 11:14 | URL | カワセン #-[ 編集]
★ダーバンさん、こんにちは
ダーバンさんの職場は、きっとベテランによるスペシャリスト集団なんでしょうね。
学校は、初任者採用が急激に増えています。
2007/06/17(日) 11:08 | URL | カワセン #-[ 編集]
目指すものが同じであれば、きっと良い方向へ行くことができるはずですね。
難しいことはいろいろあるでしょうが、先生方の中に熱くある「子ども」への思いは共通することがたくさんあるはずですね。志を高く日々努力されてる先生方はたくさんいらっしゃること、ブログで拝見する先生方からも感じています。
子供たちの未来は決して暗くないと思っています。
2007/06/17(日) 01:05 | URL | sinyuumama #-[ 編集]
同僚性
hirarinさん同様、わたしも昨年度あたりから「同僚性」という言葉をよく耳にし、あらためてその大切さを感じています。
単学級が続きましたが、新任校の学年部では、わたしよりベテランの先生がいらして、いつも指導法や指導のポイントなどには興味津々、よく聞いています。
お互いに高まりあうことが研修の日常化、活性化につながりますね。
2007/06/15(金) 20:49 | URL | つぼみ #-[ 編集]
教育再生の糸口はやはり「教師の同僚性」だということでしょうか。

昨今の流れからは、同僚同士で足を引っ張りあうようなことになりかねない政策が出てきています。

勇気の出る記事ありがとうございました。
2007/06/15(金) 06:47 | URL | hirarin #/x0jLE/2[ 編集]
ベテランと若手のいいところが上手く融合すると、活気あふれるいい学校になるのでしょうね。
私の職場は若手がずっと入ってこないので、ちょっと辛いです。
若手の力なしに職場を活性化させるのは大変なことです・・・
2007/06/15(金) 00:36 | URL | ダーバン #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hnk333.blog53.fc2.com/tb.php/232-0269aa90
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。