Google
一日一日の記録として。

2017/031234567891011121314151617181920212223242526272829302017/05

2017/031234567891011121314151617181920212223242526272829302017/05

2017/031234567891011121314151617181920212223242526272829302017/05

2017/031234567891011121314151617181920212223242526272829302017/05

2017/031234567891011121314151617181920212223242526272829302017/05

2017/031234567891011121314151617181920212223242526272829302017/05

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『東京タワー』(リリー・フランキー読了)
九州弁がいい。

この話に出てくるボクは、お父さんとお母さんが別居していても、
ボクも、オカン(お母さん)もオトン(お父さん)も、みんな明るい。
オカン(お母さん)がサンダーバード2号で、オトン(お父さん)がサンダーバード5号というたとえは笑えました。

少年の頃の自分のことを思い出しました。
また、自分の母親の死を迎えるとき、自分はどうするだろうと想像しました。
(不謹慎)
親子、夫婦のつながりに思いを馳せる一冊でした。




スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
★くるみさん、こんにちは!
映画、もう終わっているかも!
私も、来年あたりDVDでみてみようかな。
PTA新聞に、親子にまつわるエピソードの特集や映画や小説の感想コーナーなんて、おもしろいかもしれませんね。記事の第一号はもちろん、名随筆家・くるみさんで決まり!
2007/07/01(日) 22:14 | URL | カワセン #-[ 編集]
これから!
明るさ
どんなときでも大切にしたいですね。

映画を観てから本を!
と思っています。
親子、夫婦のつながりをじっくり味わいたいです^^
2007/06/30(土) 15:46 | URL | くるみ #-[ 編集]
★ダーバンさん、こんにちは
九州弁、いいですよね。オカンの言葉、私もすっと入ってきました。

ダーバンさんのブログに東京タワーの夜景の写真がありましたね。きれいでした。確か奥様が写されたものでしたね。
2007/06/25(月) 07:52 | URL | カワセン #-[ 編集]
★okuyatotoさん、こんにちは!
町青年の主張大会ですか、若者の未来に対する、純粋でまっ直ぐな考え方、いいですよね。教師は
子どもの考えの引き出し役だと思います。私たちがそこから学ぶものもたくさんあると思います。
地域に生きる子どもが育つといいですね。
2007/06/25(月) 00:24 | URL | カワセン #-[ 編集]
★hirarinさん、こんにちは!
何か、一気に読みました。他にもまとめて今読んでます。
「文献」とは違いますが…。

こうした本を読むときは、仕事を忘れて読んでます。

2007/06/25(月) 00:19 | URL | カワセン #-[ 編集]
★つぼみさん、こんにちは!
そうなんです、「つぼみさんが読んでるなら」と、私も読んでみました。

素敵な本を紹介してくださってありがとうございました。
映画では、オダキリ・ジョーさんがやっているようですが、ちょっとカッコよすぎるかな…。




2007/06/25(月) 00:17 | URL | カワセン #-[ 編集]
私も読みました。
おかんの九州弁がしばらく耳に残りました。
私も不謹慎なことを考えてしまいました。
ずっと先のことであって欲しいですね。
2007/06/24(日) 23:27 | URL | ダーバン #-[ 編集]
こんばんは、今日は町少年の主張大会があり出席しました。作品の多くは環境問題、いじめ、家族との絆がでほとんど占められていました。子供達の堂々とした発表に感動しましたが、先生方の陰の支えかあったからと感謝し帰ってきました。
2007/06/23(土) 22:36 | URL | okuyatoto #-[ 編集]
まだ私は読んでいませんね。
本の前に映画を観てしまいそう・・・・・
挑戦してみようかな・・・・その前に読まなければいけない文献が山ほどあるんですけど。
2007/06/23(土) 18:48 | URL | hirarin #/x0jLE/2[ 編集]
いいですよね
わたしも母の日に記事にしたのですが、
本当に心にしみるものがありました。
ちょうど夫の伯母が長いこと笹塚に住んでいたので、地理的にもなんだか親近感がわいて。
映画も良いようですが、本は自分でイメージを描けるから、また、いいものですね。
2007/06/23(土) 16:37 | URL | つぼみ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hnk333.blog53.fc2.com/tb.php/236-8f6c6d13
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
  幼い頃、母と一緒に、伯父の案内で行った東京タワー。  子どもたちがまだ小さい
2007/06/23(土) 16:34:40 | 伊豆こもれび茶房
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。