Google
一日一日の記録として。

2017/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/09

2017/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/09

2017/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/09

2017/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/09

2017/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/09

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
中日新聞が大型連載『トヨタの足音』を企画している。
GMを抜き、生産世界1位となるトヨタ自動車。

その転換機は、1988年の海外生産進出だという。
時代を認識することは難しい。
この20年の間の動向が、大きく左右している。
GMが資本の論理で企業買収に走った中、トヨタはハイブリッドをはじめ、ものづくりの精神を守った。
そして、海外生産(現地生産)に踏み切っても、ものづくりの精神、企業風土を守った。そして、地域に溶け込む努力も忘れなかった。アメリカンフットボールのスポンサーも買ってでている。

トヨタはまだまだ新しい努力を積み重ねていく。


▼4月1日こまやかさ 米国で快走
http://www.chunichi.co.jp/feature/toyota/060401T1109.shtml


今日は、(2)ライバルの足音
▼高品質維持 緩まぬ努力
http://www.chunichi.co.jp/feature/toyota/060402T1113.shtml

○グローバル生産推進センター
 メトロノームの音に合わせねじを締める。南アフリカ共和国からの研修生の話。
○韓国・現代(ヒュンダイダイ)自動車の追い上げ
 日産、本田を抜いて世界7位の生産。
○品質が生命線
 トヨタの海外生産拠点は27か国、52箇所にのぼる。そこで、品質を下げない生産をめざす。
 量わ裏付ける質をめざすという。
 「危機感をもつことが大切」「現状に満足すればいつか抜かれる」
 モノづくりを支える人づくりが急務。
 新興市場国群・BRICs「ブラジル、ロシア、インド、中国」
 これらの国は、海外生産に成功した欧米とは違い、自動車産業の歴史も浅く、政治体制も違う。
トヨタ自動車は、また新しい挑戦を進めていく。

自分は、教育現場に身を置く人間である。
しかし、同時代わ生きるものとして、
たゆまぬ努力をし続ける姿勢を学びたい。
数々の障壁があっろうと、新しいものへの道を切り開いていく姿を学びたい。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hnk333.blog53.fc2.com/tb.php/30-079117a4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。