Google
一日一日の記録として。

2017/06123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/08

2017/06123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/08

2017/06123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/08

2017/06123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/08

2017/06123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/08

2017/06123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/08

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
般若心経


色即是空…すぜてのものは空。こだわりを捨てよ。
空即是強色…空からすべてのものは生まれ、流転していく。積極的、肯定的思想。


<コメント>
「空」について考える機会が増えた。F先生から自分自身の存在さえない「根源的な空」の話をしたこともある。

しかし、「空」を考えると生きるエネルギーを失ってしまう。
▼「空」とは【カワセン日記2月24日】
http://hnk333.blog53.fc2.com/page-7.html

ところが、この本を読んで、一つ分かった。
実は、後の一行に意味がある。「空」をとらえた上で、生きなさいと般若心経は示している。


自分が生まれてきた意味を考えなさい。
障害を持って生まれてきた子にも、貧しい家に生まれてきた子にも必ず理由と意味がある。(因と縁)

それは、自分の役割を果たすこと。すべてのものに感謝して。
自分の生を肯定する積極的な考え方なのだ。

新井氏は、この本の最後-「あとがき」にかえる十二の断章・母が遺してくれたもの-で自らと般若心経のかかわりを記している。

自分の中にあるものをつなげて、価値あるものにする、という考え方、重松清『きよしこ』の思い出の考察に通じる。

自分が何にこだわっているのか。そのこだわりが価値あるものなのか。
「空」なのだ。生きる役割にこだわりたいものだ。

病院で検査から診断まで1時間かかるという。栄地下の書店にて購入。



<参考>
▼新井満公式HP『マンダーランド』
http://www.twin.ne.jp/~m_nacht/
▼『自由訳・般若心経』 
http://opendoors.asahi.com/data/detail/7098.shtml

新井満さんについては、芥川賞作家、長野オリンピックイメージ監督などで有名な方ですが、最近は、「千の風になって」でも話題です。昨年度、本校では外部講師の方が道徳の授業で取り上げてられました。
▼道徳の授業「千の風になって」【教務日記2月27日】
http://blog.goo.ne.jp/goonorisada/e/2a3b2ee9940f54869bd893b8accd06f1
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hnk333.blog53.fc2.com/tb.php/40-bc40a2fd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
新井満新井満(あらい まん、昭和21年(1946年)5月7日 - )は日本の小説家。新潟県生まれ。本名満(みつる)新潟明訓高等学校、上智大学法学部卒業。電通に入社し環
2007/01/18(木) 04:08:32 | 玲奈のblog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。