Google
一日一日の記録として。

2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11

2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11

2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11

2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11

2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
どもりの少年(きよし)の中学3年、夏の物語。
 少年(きよし)の野球部に実力ある転校生大野がやってくる。
 大野にサードのレギュラーを奪われたマサは、大野をいびる。
 主人公の少年は、転校のつらさを知っているため、大野の味方をする。
 しかし、少年は、中学校最後の試合前、バッティング不調のために、マサに自分のセカンドのポジションのレギュラーを奪われる…。
 少年と大野の友情の物語。
 
★書き出し
 大野がマサたちに踏まれ足跡がいくつもついたユニフォームを洗う場面。大野に少年が声をかける。
★タイトルタイトルは、少年と大野が学校の帰り道二人が別れる交差点。
★気に入った場面
少年が大野に渡したアンダーシャツ。これが、後半生きてくる。

<コメント> 
  泣けてきた。バスの中で読みながら泣けてきた。少年がスーパーヒーローでない。でも一生懸命生きている(自分の行いをしている)ところに共感するのだろう。

中学生の生活は、いろんな理不尽でいっぱいだ。いびり、人間関係のトラブル。でも負けるな、普通の生活の中に感動があるんだ。

  
中学生の読書に最適。
我が家の中3娘に薦めると、「私、冒険ものの方が好き」の答えが返ってきた。
納得。そんなものかもしれない。これを読んで、いい話と思うのは、その時期(時代)を過ぎた者かもしれない。
  
  
 一年生のころから厳しい野球部の練習、しきたりを一緒に過ごしてきたのに、突然やってきた転校生にとられる。その野球部の様子がよくかれている。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hnk333.blog53.fc2.com/tb.php/42-41157b11
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。