Google
一日一日の記録として。

2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11

2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11

2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11

2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11

2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
五月人形1

今年も五月人形を出しました。
(といっても家内がすべて出したのですが。私は、家ではあまり頼りにされていません。)

息子も高3と中1です。いつまでこうして五月人形を飾ってやれるのか、と思います。

私が子どもの頃はこいのぼりも五月人形もありませんでした。
「どうして、こいのぼりがないの」と私が母に尋ねると、
母の話では「生活改善運動」というものがあって、こいのぼりや五月人形など華美なものは自粛したとのことでした。
母の実家が「こいのぼりを」と言ったのを父が断ったとのことでした。
昭和30年代のお話です。

その父母は、私に長男が生まれると、離れて暮らす孫のために、ずっとこいのぼりを上げ続けてくれました。
GWは子どもを連れて、父母の住む家に行くのが恒例でした。(そして田植えをする。)
父母によってあげられたこいのぼりは、主を向かえ空を悠々と泳いでいました。
一緒に住んでいなくても、心はつながっている、と思いました。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
こちらこそ
tuna先生、
コメントありがとうございます。

「カワセン日記」は、ぼちぼです。

2006/05/13(土) 01:49 | URL | カワセン #-[ 編集]
初めまして!
トラックバックサンキュウ!
「カワセン日記」の存在を初めて知りました。「教務日記」とともに、これから毎日読ませて頂きますね。
2006/05/12(金) 13:35 | URL | tuna #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hnk333.blog53.fc2.com/tb.php/52-9bf1199d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。