Google
一日一日の記録として。

2017/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/09

2017/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/09

2017/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/09

2017/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/09

2017/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/09

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
私の祖父母が亡くなって、もうすぐ一周忌です。
祖父は8月10日、祖母は9月2日に亡くなりました。祖父が亡くなって一ヶ月たたずに祖母が逝ったのです。「仲のいいご夫婦だったのですね」と言われます。いつも祖母が祖父の面倒を見ている感じでした。

今、父母が、お墓を立てています。
今、私は父母と離れて暮らしています。車で40分ほどのところです。
家の裏山に祖先の墓が6つくらい建っていました。
そこを整地して、今までの墓を並び替え、
新しい墓を立てました。

今日は、父母の住む家に行って、墓のまわりの整地を手伝いました。
父は、ユンボ(シャベルのついたブルトーザー)を運転します。大きな石を運んできて、石積をしていきます。私はその手伝いです。

父と久しぶりに仕事をしました。
時折雨の降る天気でしたが、4,5時間一緒に仕事をしました。

これも、祖父母のおかげか、と思いました。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
>つぼみさん
つぼみさんの「お彼岸」の記事読ませていただきました。

本当に素敵なお義父様だったのですね。

私も、祖父母を静かに、しっかりと迎え、そして送りたいと思います。
でも、静かには、無理かな…。
みんなでワイワイやってしまうかも。
2006/07/20(木) 00:39 | URL | カワセン #-[ 編集]
散骨とか・・・
いろんな考えがあるけれど
お墓で手を合わせることって
とてもすばらしい風習だと想う。
仲の良いご夫妻だったのですね。
ご夫妻の、親子の、家族の
あたたかい絆ですね。
お彼岸のときに書いた記事です。
http://komorebi.cocolog-izu.com/tsubomi/2006/03/post_4841.html
2006/07/19(水) 19:57 | URL | つぼみ #-[ 編集]
>NONさん
そうですね。
私が子どもの立場ですが、
いつか、私が親の立場で今回のようになる日がくるのですね。

2006/07/17(月) 16:46 | URL | カワセン #-[ 編集]
ご苦労様でした。
カワセンさん、きっとご両親さんは嬉しく思っていることでしょうね。

 わたしも子ども達が一緒に何かをしてくれている時、嬉しくなります。人は情けないけれど、自分がそういう環境にならないと、実感できません。病気でもそうですし、歳を取ることだってそうです。
 自分が経験して初めて分かるのです。

 今日のお仕事、きっとおじい様もおばあ様も喜んで見えるでしょうね。

 本当にお疲れ様でした。
 
(一番の親孝行ですね。)
2006/07/17(月) 14:10 | URL | NON #Vsh8HcPQ[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hnk333.blog53.fc2.com/tb.php/84-d19eb1fd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。