Google
一日一日の記録として。

2017/081234567891011121314151617181920212223242526272829302017/10

2017/081234567891011121314151617181920212223242526272829302017/10

2017/081234567891011121314151617181920212223242526272829302017/10

2017/081234567891011121314151617181920212223242526272829302017/10

2017/081234567891011121314151617181920212223242526272829302017/10

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
家にる時間、読みかけだった本、読了しました。

「まひるの月を追いかけて」(恩田陸)


恩田さんといえぱ「六番目の小夜子」「光の帝国-常野物語-」が有名ですね。これはおもしろかったです。
最近では「夜のピクニック」が本屋大賞に選ばれました。しかし「夜の…」は途中で挫折しました。

今回はタイトルに惹かれて読み始めました。
自分の過去、成長の過程を、旅をしながらとらえていく物語でした。
特に女性の性格描写、心理描写がたくさん出てきます。
奈良を旅行している気分にしてくれます。
パソコンで地図や写真を検索しながら読みました。
(中宮寺の弥勒菩薩、よかったです。)
ミステリーの味付けも読者へのサービスかな。
所々に挿入された童話が暗示になっています。

登場人物-研吾、優佳利、妙子、そして、私(静)。
一人称の私が不可解な旅行に誘われるところから話は始まります。

あえて言えば、ややくどいかな。心理描写が多い分テンポもゆっくり。
しかし、さすが恩田さん。
5章から急展開。読ませてくれました。
読者としては、女性かな。共感できる部分が多いのでは。

※ネタをばらさないようにコメントを書くのって難しい。
このブログを読んでも、ストーリーなしですから、何言ってるのかわからないですよね。

Webの書評では「いい」と「いまいち」で評価が分かれているようです。
◆オンライン書店・ビーケーワン書評「まひるの月を追いかけて」
http://www.bk1.co.jp/product/2355497

◆アマゾン書評「まひるの月を追いかけて」
http://www.amazon.co.jp/gp/product/4163221700/250-4393911-5585040?v=glance&n=465392
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hnk333.blog53.fc2.com/tb.php/86-1084e19c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。